メニューをスキップします

城南衛生管理組合

ホーム > ごみ・環境情報 > 環境推進活動・温暖化対策 > グリーンカーテン成長日記2017

グリーンカーテン成長日記2017

城南衛生管理組合では、平成19年度から本庁管理棟の横でグリーンカーテンに取り組んでいます。

今年は、ヘチマと琉球アサガオの一種であるオーシャンブルーを植えました。

ヘチマはつる性の植物で、グリーンカーテンとして使われる植物の中でも特に大きな葉を持っているため効果が期待できます。

また、 オーシャンブルーは熱帯から亜熱帯地域に自生するつる性の多年草で、沖縄では海岸付近に旺盛に茂っています。一年草のアサガオと比べて格段に丈夫で、10m以上もつるを伸ばします。開花期間は長く、11月まで咲き続けるため、日差しを遮るだけでなく見た目も楽しむことができます。

本庁以外の各施設でも、グリーンカーテンに取り組んでいる所属が増え、ゴーヤ・きゅうりなどに取り組んでいます。

 

平成29年8月1日

ヘチマの黄色の花もたくさん咲いてきました。実はいつつくのでしょうか。

成長して2階の窓も少しずつ覆われてきました。

 

 

平成29年7月11日

1階の窓をすっかり覆うくらいまで成長しました。花もたくさん咲いています。

上のつるは2階の窓の近くまで伸びています。 

 

 

平成29年6月19日

窓の高さくらいまで成長してきました。葉も大きくこれから効果が期待できそうです。

花も咲いて、これからの更なる成長が楽しみです。 
 

 

 

平成29年5月31日

暑い日が続き、勢いよく成長しています。

摘心(先端を切ること)することでたくさん枝分かれして、誘導用の紐が足りなくなるほどです。

元気なものは早くもネットに巻きついています。 
 

 

 

平成29年5月11日

ネットを設置し、苗を植え付けました。例年よりプランターの量を増やしています。これから成長していくのが楽しみです。

 

お問い合わせ

安全推進室
電話:075-631-0825