トップ組合・施設組織・施設紹介>クリーンパーク折居

クリーンパーク折居

 クリーンパーク折居では、おもに宇治市、八幡市、久御山町の家庭から排出される可燃ごみを焼却処理しています。 最新の画像認識システムなどの導入により安定燃焼を実現し、また、焼却工場としては日本初の膜構造煙突の採用により、耐震性向上を図っています。 焼却により発生する熱を発電や隣接する山城総合運動公園への温水供給に利用するほか、屋上・壁面緑化を行うなど、地球環境に配慮した施設となっています。
建設概要 施設の能力
所 在 地 京都府宇治市宇治折居18番地 処理能力 焼却炉 57.5t/24時間×2炉 計115t/24時間
敷地面積 30,237.5u
総事業費 162億円
(内訳:建設工事 約91億円、運営業務 約71億円)
着   工 平成27年2月
竣   工 平成30年3月


排ガス測定値
▲現在の運転状況はこちら
(クリックすれば拡大できます)

戻る


企画・発信
城南衛生管理組合