トップ廃棄物処理施設に関する情報>折居清掃工場更新施設整備運営事業
トップへ これまでの経緯へ 環境影響評価へ
施設の特徴へ 工事の進捗状況へ 建設だよりへ
折居清掃工場更新施設整備運営事業
 当組合の折居清掃工場は昭和61年3月に竣工したごみの焼却施設ですが、経年劣化に伴う老朽化により、この度現有施設の敷地内において建て替えることとしました。
 新施設の施設規模は、様々なごみ減量の取り組みの結果、現有施設(230トン/日)と比較して半分(115トン/日)になります。
 なお、折居清掃工場更新施設整備運営事業を建設と20年間の運営を一体で実施する DBO( Design:設計、Build:施工、Operate:運営)方式により実施しています。
●新施設のイメージ図
新工場イメージ図
完成予想図


●概要
施設の種類  一般廃棄物処理施設
建設地  京都府宇治市宇治折居18番地(現折居清掃工場の敷地内)
施設規模  115トン/日(57.5トン/日×2炉)
処理方式  全連続燃焼式ストーカ方式
稼働開始予定  平成30年4月1日
工期及び運営期間  設計・施工:平成27年2月〜平成30年3月
 現工場解体:平成30年4月〜平成32年3月
 施設運営:平成30年4月〜平成50年3月
契約額  162億円(内訳:建設工事 約91億円、運営業務 約71億円)
受注者  日立造船株式会社(代表企業)
 Hitz環境サービス株式会社(協力企業)
 株式会社環境総合リサーチ(協力企業)



問い合わせ:施設部 新折居清掃工場建設推進課
  〒611-0021 京都府宇治市宇治折居18番地
  TEL:(0774)20-4797 FAX:(0774)20-4798
  Eメール:oriikoushin@jyonaneikan.jp

戻る戻る
企画・発信
城南衛生管理組合